English
Contact お問い合わせ
ブログ
HOME ブログ 予測不可能な時代に、最善の道を予測する

*本記事は2021年10月18日にNTT Ltd. 社 Neeraj Pathak が同社ブログに投稿した記事の抄訳です。

元記事:Predicting the best way forward in unpredictable times (global.ntt)

買うか、借りるか?

資産を買うべきか、借りるべきか、それは昔からよく言われていることです。ITに当てはめると、ハードウェアを購入してサービスを構築するべきか、それともインフラストラクチャサービスをレンタルするべきか?
この問題は古くからあるため、多くのガイダンスが存在します。

では、どのようなことを考慮する必要があるのでしょうか。

  • 需要を正確に予測できますか?
  • 現在、そして3年後、4年後、5年後にどれだけのITハードウェアが必要ですか?
  • ITハードウェアの需要は一定ですか?
  • 低コストで簡単に資本調達が可能ですか?

 

このように、事業を展開する環境が安定的で予測可能であるかどうかを知る必要がありますが、今日の世界ではそれ自体が課題となっています。

予測不可能なものを予測する

私たちの住む世界が予測可能なものではないことは、ほとんどの人が同意するところでしょう。私たちが活動する市場は、企業が他社を凌駕するためにイノベーションを起こし、激しい競争にさらされています。デジタルの代用品は従来のビジネスを破壊しています。気候変動は、干ばつ、洪水、地滑り、暴風雨などの災害の発生頻度を加速しています。ナショナリズムが台頭し、グローバルなサプライチェーンや国家間・企業間の取引条件に影響を与えています。

COVID-19の大流行は、不確実性をかつてないほど増幅させる結果となりました。クラウドコンピューティングをまだ導入していない多くの企業は、活用されていない資産を抱えることになりましたが、一方で、クラウドをいち早く導入した企業は同業他社よりも優れた業績を上げています。今、私たちはITインフラストラクチャの面で大規模な集中化(3つの主要パブリックインフラストラクチャクラウドへの集中化)に向かっている最中です。同時に、エッジコンピューティングの台頭も見られているのです!

一長一短

このような予測不可能な状況を考えると、パブリッククラウドを導入するためにインフラストラクチャを購入したり、レンタルしたりすることが答えではないのでしょうか?まあ、イエスでもありノーでもあります。NTTのハイブリッドクラウドレポートで説明されているように、クラウドの導入は予測されたほど早くは進んでいません。

クラウドサービスの消費は年々増加しておりますが、急速な普及、レガシー・アプリケーション・アーキテクチャ、政府の政策や法律、地理的・物理的な課題など、いくつかの根強い障壁が残っているのです。もちろん、セキュリティに関する考慮も複雑化していることは言うまでもありません。多くの企業にとって、情報漏えいが発生した場合にデータを報告できるかどうかは最重要事項であり、従来の専用IT環境よりもクラウドが好ましくない場合もあります。

クラウドが完全な解決策でない企業もあるとすれば、どのような選択肢があるのでしょうか。最近、ITインフラストラクチャ・プロバイダーがハードウェア・アズ・ア・サービスの提供に軸足を移しているのを目にしました。これはファイナンス・リースではなく、ハードウェア・ベンダーがサービスの基盤となる資産を自社で保有し、顧客が選択した場所に配置された資産を専用に使用できるようにするサービスなのです。

私たちは、多くのお客様の現実は二律背反していると考えています。常に購入するわけでも、常にレンタルするわけでもないのです。予測可能なこともあれば、そうでないこともあります。低コストで資金調達が可能で、IT資産の利用が高い確率で予測できる場合、そのビジネスにとって購入が最適な選択肢となる可能性があります。一方、環境の不確実性から、別のアプローチを取る必要がある場合もあります。

このような場合、ハードウェア・アズ・サービスの利用を検討することで、コストと利用率を一致させ、必要なときに迅速に対応することができます。

NTT Com DDが提供するセキュリティソリューション

当社では、Secure by Designをコンセプトに様々なセキュリティ ソリューションをご提供できます。当社のセキュリティソリューションの詳細はこちらをご覧ください。

また、ご質問やお問合せなどはお気軽に下記からご連絡ください。

 

 

 

この記事を書いた人

NTT Ltd. インサイト
NTT Ltd.の最新インサイトより厳選のコンテンツをご紹介します。