コラボレーションを簡素化しよう - NTT Com DDブログ
English
Contact お問い合わせ
ブログ
HOME ブログ コラボレーションを簡素化しよう

*本記事は2021年8月27日にNTT Ltd. 社 Philippe Urbain が同社ブログに投稿した記事の抄訳です。

元記事:Simplify your collaboration (global.ntt)

複雑なライセンスがコラボレーションの能力にブレーキをかけていませんか?

コラボレーションテクノロジーの進化により、企業は従業員が最適な職場を自由に選択できるようになり、柔軟な働き方やグローバルなコラボレーションが可能になり、その結果、生産性と仕事のやりがいが向上します。

当社の2020年インテリジェントワークプレイスレポートでは、88.9% の組織が従業員体験の価値を重要な戦略的差別化要因として認識していることが確認されています。

しかし、現在の能力に非常に満足しているのは、わずか 38.3% です。

まだデジタル変革の初期段階にある 71.0% は、ビジネスとオペレーションモデルの完全な再構築が必要だと考えています。その変革の中心にあるのが コラボレーション である必要があるのです。

 

企業にとって、変革のどの段階においても、重要な課題は、コラボレーションとコミュニケーションの財産である異種のシステム、サービス、テクノロジーを適切に管理する能力です。

この複雑さを制御する方法は、ライセンス管理です。

 

現在のコラボレーションエコシステムは、おそらくさまざまなベンダーの複数のライセンス契約によって支えられています。これは、組織がコラボレーションサービスを利用する方法を複雑にし、高額な取得費用の支払いや、利用できるものの柔軟性が制限されることでコストを押し上げる要因となっています。

また、オンプレミス、ホスティング、クラウドの各ソリューションで個別の契約が必要になる可能性があるため、コラボレーション環境の導入方法に関しても選択肢が制限されます。

 

サブスクリプションベースのコラボレーションソリューションに移行することで、ITチームが複雑なライセンス契約の管理や維持に費やす時間を削減することができます。

企業は簡単にサブスクリプションでき、通話、コンタクトセンター、会議室などの強化されたコラボレーションなど、従業員が必要とするツールを装備することができます。

 

 

デジタル変革の目標を達成するために必要なツールを従業員に提供しなければならないという圧力が、IT組織に高まっています。このため、単にライセンスを簡素化するだけでなく、企業がコラボレーションサービスを次世代のビジネスプロセスに完全に統合できるよう支援する一連のプロフェッショナルサービスのニーズが生まれました。

 

コラボレーション戦略が進化し続ける組織のニーズに確実に対応できるようにするには、3つの重要な要素を取り入れる必要があります。

 

✔簡素化 

サイロを減らし、ワークプレイスサービスの信頼性と品質を向上させることは、現代の従業員にサービスを提供する上で非常に重要な要素です。サブスクリプション・ベース・モデルに移行することで、これらのツールへの投資が設備投資から運用費に変わり、必要なすべてのサービスが1つの契約に集約されます。

柔軟性 

柔軟な導入方法を採用することで、クラウド、オンプレミス、ホスティング、ハイブリッドの各オプションを組み合わせて利用することが可能になります。サービスを必要とする人の数に応じて購入できるため、自分のペースで成長することができます。

俊敏性 

ビジネス要件の変化に応じて、コラボレーション環境も適応する必要があります。サブスクリプション ベースの課金とシスコ コラボレーション ツールのフル スイートへのアクセスにより、ユーザーが必要とするサービスを、必要なときに提供できます。

 

未来志向の組織づくりの起爆剤として、コラボレーションへの投資を検討してはいかがでしょうか?

NTT Com DDが提供するセキュリティソリューション

当社では、安全かつ円滑にITインフラストラクチャを運用できるよう、様々なセキュリティ ソリューションやサービスをご提供できます。詳しくはソリューションサービスをご確認ください。 

また、ご質問やお問合せなどはお気軽に下記からご連絡ください。

この記事を書いた人

NTT Ltd. インサイト
NTT Ltd.の最新インサイトより厳選のコンテンツをご紹介します。