Cisco "QuoVadis Root CA 2"に関する Field Noticeについて
English
Contact お問い合わせ
ブログ
HOME ブログ Cisco “QuoVadis Root CA 2″に関する Field Noticeについて

Cisco “QuoVadis Root CA 2″に関する Field Noticeについて

シスコのField Notice(FN)とは

最近、シスコから Field Notice 情報がよく送られてきます。 

シスコのWebサイトによると、 

「Field Notice とは、セキュリティ脆弱性の問題以外でシスコ製品に直接関係し、アップグレード、回避策、またはその他の対策が通常必要となる重要な問題に関する通知のことです。製品の問題が古くなっている場合、または影響を受けるすべての製品がサポート終了になっている場合、その Field Notice には「期限切れ(Expired)」のラベルが表示される場合があります。」 ということです。 

シスコの製品をお使いのお客様にとっては重要な情報となっています。 

Field Notice (以後FN) は公式に英語のみで発行され、影響を受ける製品、障害 ID 番号、問題の症状、回避策、解決方法などの情報を提供します。具体的には、FN は主に次のような構成になっています。 

  • タイトル – FN 番号、問題の概要説明、推奨されるアクションを 1 行で体系的に示したものです。 
  • 影響を受ける製品 – 問題の影響を受ける製品 ID のリスト。 
  • 問題の説明 – 問題に関する簡単な説明。 
  • DDTS(Bug ID)– www.cisco.com の Bug Toolkit によるバグの検索に使用できる Bug ID。 
  • 背景説明 – 問題の経緯および考えられる原因。 
  • 問題の症状 – システムで発生する可能性がある状態と、問題の存在を示す動作または兆候に関する説明。 
  • 回避策 – 問題を回避する、または状況を修正するための、次に取るべき手段に関する説明。 
  • ハードウェア レベルの識別方法(オプション)– 必要に応じて、使用中のハードウェアが問題の影響を受けているかを判別する手順を説明します。 

 

FNに記載されている問題が発生した場合は、「回避策/解決方法」セクションで推奨されるアクションを実行する必要があります。このセクションでは、発生している問題から回復する、または問題のリスクを軽減するための最良の方法を示されています。 

また、右側のフレームには、“This Document Applies to These Products” とあり、対応が必要な製品名・型番・バージョンなどの表示とリンクがありますので、現在お使いの製品なのかを確認できますので、ページ内のリンク情報も合わせてご確認いただければと思います。 

FN に関しては後述のシスコ web サイトをご覧ください。 

“QuoVadis Root CA 2” が含まれるFNとその影響

ところで、最近公開されているFNに、“QuoVadis Root CA 2” というキーワードが含まれているものが続いています。

まとめて表にしてみました。(2022年3月14現在) 

Tech Product Field Notice #
EN

Catalyst Switching Products

72323

cBR8

72116

Prime Infrastructure

72110

Cisco Identity Services Engine

72111

Cisco DNA Center

72359

SEC

ASA and Firepower

72103

Security Management Appliance(SMA)

72109

Cisco Secure Email Gateway (ESA) and Web Security Appliance (WSA)

72113

Email Security Appliance

72106

COLL

Customer Collaboration Portal

72117

Cisco Unity Express

72314

Unified Contact Center Express

70557

Cisco Unified SIP Proxy

72315

CUCM, SME, and IM&P, Incoming Calls to Cisco Jabber/WebEx (Android and iOS)

72120

Expressway and VCS

70527

Cisco Unity Connection

72291

Cisco Unified Communications Manager / Session Management Edition

72318

Prime License Manager

72121

DC

Nexus Product Line

72115

IoT

IE3x00 and ESS3x00 Switches

72298

SP

Cisco IOS XR Software

72290

Small Business Cisco 2 Port Phone Adapter SPA112, Cisco SPA122

72345

Cisco IP Phones: SPA5xx

72352

Cisco Unified IP Conference Phone 8831 for Third-Party Call Control

72366

 

まず、この問題に関連する既知のセキュリティ上の影響はないとのことです。 

さて、Cisco の製品およびソフトウェアは、TLS(Transport Layer Security) またはその前身であるSSL (Secure Sockets Layer) を使用して、バックエンドやクラウドサービスと通信します。PKI 証明書により、スマートライセンスやスマート コール ホームなど、Cisco.com 上のパブリック向けサービスへのセキュアな接続が可能になります。

2020年7月に、特定の認証局(CA) の失効能力に影響を与える業界全体の問題が発生しました。その結果、QuoVadis Root CA 2 を運営する DigiCert 社は、新しいTLS証明書の発行にこのルートの使用を廃止することに決定し、2021年3月31日に、QuoVadis ルート認証局(CA) を廃止します。

 これは、Cisco のパブリック向けサービスが QuoVadis Root CA2 から IdenTrust 社の Commercial Root CA1 に証明書を移行し、Cisco製品やソフトウェアがそのPKI トラストストアに、 IdenTrust Commercial Root CA 1 を含むように更新されています。 つまり、QuoVadis ルート認証局(CA) から発行された一部の証明書の有効期限が切れると、この認証局から新しい証明書が発行されない、ということなります。 QuoVadis Root CA2 が廃止される前に発行された証明書は、個々の有効期限が切れるまでは有効ですが、有効期限が切れると更新されなくなります。 

ですので、シスコ社では、多くの製品およびパブリック向けサービスが、IdenTrust PKI認証局(CA) へと移行しています。従って、この移行に影響を受けるすべてのCisco製品は、IdenTrust CA が提供するPKI証明書を認識できるようにアップグレードする必要があります。 Cisco からは、現在皆さんがお使いの製品・ソフトウェアについて、PKIアップグレードをどのように行うかについての具体的な方法を提供するために FN を発行しています。 

シスコの製品の中で特に直近で期日が判明しているものとして tools.cisco.com がホストするスマートライセンシングおよびスマートコールホームサーバーの切り替えがあります。2022/2/5 より順次行われるため、バージョンアップまたは証明書の入れ替え等の対応が必要になります。 

現在お使いのシスコの製品およびソフトウェアで対応が必要かどうかは、シスコから発行されている FN をご確認の上、ご対応ください。 

また、シスコより情報が更新されましたら、ブログ等にてお知らせしたいと思います。 

情報: 

◇発行中の各種 Cisco Field Notices: 

https://www.cisco.com/c/en/us/support/wireless/catalyst-9800-series-wireless-controllers/products-field-notices-list.html 

◇Cisco の “Field Notice”  について 

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/web/tsd-products-field-notice-summary.html 

参考・参照・転載元: https://www.cisco.com 

 

<事例/ビジネスインサイトのホワイトペーパーはこちらから>
https://nttcdd.jp/insight/

この記事を書いた人

やすだ
NTT Com DD のブログ担当のやすだです。