お問い合わせ
facebookLinked InYoutube

Wi-Fi サーベイサービス - 日本全国カバー

ホームWi-Fi サーベイサービス – 日本全国カバー

 

無線LANの新規導入、既存無線LANのリプレイス、既設環境の改善/調査に活用可能な無線LANの電波状況の測定診断サービス。専用のツールを利用し、サイトサーベイ結果を図面、数値で可視化したレポートをご提供します。

シンプルベーシックカスタム
調査項目調査項目調査項目
 ・信号強度(RSSI)
 ・S/N比
 ・干渉/ノイズ
 ・信号強度(RSSI)
 ・S/N比
 ・干渉/ノイズ
 ・信号強度(RSSI)
 ・S/N比
 ・干渉/ノイズ
 ・その他(指定項目要確認)
レポーティングレポーティングレポーティング
 ・標準テンプレート
 ・Use Case:既存環境の改善/調査など 
 ・標準テンプレート
 ・ソリューション提案
 ・Use Case:新規導入/リプレイスなど
 ・お客様指定テンプレート
 ・ソリューション提案など

項目SimpleBasicCustom
利用シーン/Use Case既存無線環境の電波状況の確認
新規、既存環境へのAP追加
新規、既存環境へのAP追加
調査方法既存APの電波測定
弊社標準APの電波測定
お客様指定APの電波測定-  -
調査項目信号強度(RSSI)
S/N比
干渉/ノイズ
Pingパケット損失
スループット
レポート標準テンプレート
カスタムテンプレート

Wi-Fiサーベイ レポート サンプル

 

 ・Signal Strength(RSSI)
 ・SNR
 ・Network Issue(Channel Interfere)
 ・現状設定(パラメーター)
 ・チューニング提案1
 ・チューニング提案2
 ・考察

・RSSI,SNR共に良好な値が各所で取られている。
・5Ghzにおいてチャネル干渉度合いが高いのが見受けられる。
・2.4GHz帯は周辺での利用も多くみられる。御社環境では2.4GHz帯は無効としています。
 

1.オフィス内に多くの端末があり、APを複数配置されていますが5GHz帯ではチャンネルボンディング(80MHz)を有効にされているようです。

 

802.11ac以外の端末が存在する場合、チャネルボンディング(80MHz)の効果は薄れることから、チャネルボンディングは利用せず20MHzでの運用を行うのが推奨事項となります。(高密度設計の推奨事項)

 

2.非常に高い干渉が見受けられることから各APの出力電波を抑える(上限値の指定)設定を実施することを推奨します。

 

 

 

Technical Service(テクニカルサービス )へ戻る >>

 

 

NTT Com DD 株式会社について

当社はCisco Global Gold Partnerとして、Cisco等欧米ITテクノロジーを中心としたソリューションに関するサポートを行っております。

必要の際にはぜひお声がけください!