English
Contact お問い合わせ
ソリューション

Intelligent Cybersecurity

HOME ソリューション Intelligent Cybersecurity
サイバー犯罪は、ビジネス上の最大のリスクであることは意外ではありません。
NTT Com DD は、インテリジェンス主導のセキュリティサービスと業界をリードするセキュリティテクノロジーを組み合わせ、ネットワーキング、データセンター、クラウド、リモートワーク、IoT環境にわたるクロスドメインの専門知識とセキュリティコンサルティングの独自フレームワークをベースにあらゆる側面に対するサイバーセキュリティのリスクを最小限に抑えたインテリジェントなサイバーセキュリティソリューションを提供します。

「Intelligent Cybersecurity」ソリューションは、物理的およびデジタルインフラストラクチャに対するサイバーリスクを理解して、ビジネスの回復力を実現する為の「リスクを管理」がら、「サイバー脅威の防止」、「予測」、「検出」、「対応」が可能なセキュリティインフラを設計。ダウンタイムを回避し、ユーザー、デバイス、アプリケーション、ネットワークインフラストラクチャ全体に俊敏で予測可能なセキュリティエコシステムを構築する事により、あなたがビジネスの目標を達成するのロードマップを提供します。
サイバー犯罪の進化は、企業が直面している最大のリスクの1つです。
サイバー犯罪の進化は、企業が直面している最大のリスクの1つです。
クリックすると拡大表示されます。
なぜサイバーレジリエンスが重要なのか
ファイアウォールやアクセスコントロールなどで守りを固める(保護)だけの古いセキュリティ対策モデルでは、標的型攻撃を受けた時、運用メンバーが被害の特定と対策に時間を要し、復旧を待つ間は事業を中断せざるを得なくなります。

「被害を最小化し、すばやく業務を復旧する」為、「すべてのリスクを排除することは不可能である」ことを前提に、何が起こるかについてのインテリジェンスを持ち、インシデントが発生した時は迅速に対応して回復できる「サイバーレジリエンス」の高いセキュリティ対策が必須になっております。
サイバーレジリエンスが低いとどうなる?
サイバーレジリエンスが低いとどうなる?
クリックすると拡大表示されます。
テクノロジーの進化とビジネスエコシステムの拡大は、
あなたのインフラストラクチャは、物理的なものだけでなく、クラウドでもあり、ハイブリッド型やIoT環境への移行すると、保護するデバイスや接続の種類(ネットワーク環境の複雑さ)が増えます。

尚、データの量が増えるだけでなく、データに関する規制も厳しくなっています。
クリックすると拡大表示されます。
テクノロジーパートナー
クリックすると拡大表示されます。

Solution 解決できるソリューション

アクセスの認証、検疫、コントロール
Zero-Trust Network
secure by design
ネットワーク、アプリケーション、および環境全体のすべてのアクセスを保護する為のセキュリティソリューションを提供します。ユーザ、エンドユーザデバイス、API、IoT、マイクロサービス、コンテナなどからのアクセスのセキュリティを確保することで、ワークフォース、ワークロード、ワークプレイスを保護します。

ポリシーベースの制御を一貫して適用し、環境全体のユーザ、デバイス、コンポーネントなどを可視化と詳細なログ、レポート、アラートを取得し、より的確に脅威を検出して対応できるようになります。

ゼロトラストを対応するソリューションでよりセキュアなアクセスを実現して可視性のギャップを防ぎ、攻撃対象領域を狭めることができます。
ハイブリッドクラウドワークロードの保護
Secure Multi-Cloud
secure by design
グメンテーションを使用してゼロトラスト モデルを有効にすることで、マルチクラウド データセンター全体のワークロードを保護します。このアプローチによって、セキュリティ インシデントを迅速に特定して水平方向の拡散を阻止し、攻撃対象領域を削減できます。インフラストラクチャに依存しないアプローチにより、オンプレミスとパブリック クラウド両方のワークロードをサポートします。
ネットワーク・セキュリティ・ポリシー管理
Firewall Optimization
secure by design
マルチベンダー、ハイブリッド環境に対応した、セキュリティポリシーの可視化、リスク管理、プロビジョニング、コンプライアンスの自動化を可能にするソリューションを提供します。組織は、ネットワーク全体が把握でき、コントロールされた環境を構築するだけでなく、日々進化するセキュリティの新標準に常に対応できるようにすることで、コンプライアンスに準拠しながら、ビジネスのワークフローに対して高セキュリティな環境を実現できるようになります。

セキュリティのボトルネックを排除することで、世の中の変化に素早く対応し続ける。